カスピ海ヨーグルトで有名なフジッコから発売されています。

フジッコというメーカーの名前を聞いたことがありますか?

 

フジッコは、カスピ海ヨーグルトで有名となった大手メーカーです。

 

なぜ、カスピ海ヨーグルトなのかというと、カスピ海ヨーグルトには
クレモリス菌FC株という生きたまま腸に届く強い乳酸菌が含まれているからです。

 

カスピ海ヨーグルトに含まれている乳酸菌には、他の乳酸菌には
見られないねばり成分があります。

 

まさにこのねばりことそが
カスピ海ヨーグルトの乳酸菌の力なのです。

 

しかし、このクレモリス菌FC株は、とてもデリケートな乳酸菌で、
生きたままカプセル化するのは難しいと言われていました。

 

そんなクレモリス菌FC株を、フジッコが独自の技術で1年かけて
カプセル化に成功しました。

 

しかもたった1粒に20億個以上の乳酸菌を詰め込むことに
成功しました。

 

善玉菌のチカラカプセル

カスピ海ヨーグルトの研究を様々な専門機関と共同で行ってきた
フジッコだからこそ成功することができたのです。

 

クレモリス菌FC株は、継続して摂取することで、体の内側から
健康を維持する力が期待できます。

 

生きたまま腸に届くため、継続して摂取することで
綺麗な腸内環境を作り出し、健康を維持してくれるのです。

便秘解消したい人は何故ヨーグルトがいいと言われているのか?

カスピ海ヨーグルトおすすめ

便秘解消には、なぜヨーグルトが良いと言われているのか、
その理由を知っていますか?

 

ヨーグルトには、乳酸菌が含まれていて、この乳酸菌が
腸内の善玉菌を増やしてくれるから便秘に効果的なのです。

 

 

腸内の善玉菌が増えることで、腸の働きが良くなり、
便秘解消に効果を発揮してくれるわけです。

 

 

 

しかし、乳酸菌は胃酸に弱く、
胃酸によって壊れてしまうことがあります。

 

そのため、ヨーグルトなどを摂取する時は、できれば
食後に摂取するのが望ましいのです。

 

また、乳酸菌にも色々な種類があります。

 

乳酸菌の中のほとんどは腸に届く前に
壊れてしまうことが多いのです。

 

最近、よく耳にするのがビフィズス菌ですが、この菌は
ヨーグルトに通常含まれている乳酸菌の中でも強いほうで
生きて腸にまで届くと言われています。

 

もちろん、ビフィズス菌以外にも生きて腸にまで届く
強い乳酸菌があります。

 

 

それがカスピ海ヨーグルトに含まれている
クレモリス菌FC株という乳酸菌です。

 

 

善玉菌のチカラに含まれているこの乳酸菌は
とても強く、生きて腸にまで届きます。

 

しかも、善玉菌のチカラにはこの菌がなんと20億個以上
含まれています。

 

 

だからこそ、善玉菌のチカラは便秘解消にも高い効果を
発揮することが期待されているのです。